2018年4月2日月曜日

予測と配慮

”予測と配慮”

座右の銘と言い始めて何年になるだろうか?

かなり昔、昔と言ってもサッカーを教え始めて間もない20年近く前、自分の感覚でパスを出す選手に「受け手のスピードや状況を予測したらもう少し足元寄りのパスの方がいいんじゃない?」「もう少し優しくグラウンダの方が良くない?」というコメントを沢山したことを思い出す。

そのあたりから、「そのパス思いやりないよね。」「そのパス味方にとって優しくないよね。」「もう少し味方は足が速い」「相手が寄せて来そうだ」「もう少し予測をして、そこに配慮というか思いやりがあるともっといいよな。」などなど・・・・・・。

それから、”予測をする”という頭の中の訓練が必要であると考え、「学校生活など日々の生活の中において色々な予測をして、その先にちょっとした配慮や思いやりのある言動を心がけなさい。」ということを常々言ってきた。

横断歩道で信号が変わりそうだけど渡り始めようとしているおばあちゃんにさりげなく「信号赤になりますよ。」と声をかけてあげたり、マンションに住んでいるのであれば、エレベーターに乗って上がるタイミングで後から来た人を見かけたら、自分の階で降りてから1階のボタンを押してエレベーターを下ろしてあげるとか・・・・・・。

これぐらいのことは当たり前のことではあるが、昨今の育成年代の選手は意外とと出来ない。

日々の生活の中において”予測と配慮”を行えばサッカーシーンに繋がると思い、私と関わるすべての選手には”予測と配慮”としつこく言っている。

私も日々色々な予測をしながら、少しでも配慮出来るよう心がけている。
小崎 峰利

2018年2月16日金曜日

20周年

20年という歴史を振り返ってみるとあっという間に過ぎたような気がする。

名古屋FC20周年/名古屋FC EAST10周年記念式典には400名を越えるお客様に来て頂き、多くの方々に支えられてここまで来たことを実感した。

創立当初から変わらずやってきたことがある。また、全てのスタッフにも話をしてきたことがある。

それは、この育成年代は全ての選手が、それぞれの性格があり、それぞれを取り巻く環境があり、それぞれの考え方など、それぞれの基準が違う。

それを同じ方向を向かせ、それぞれの努力の基準を上げさせ、それぞれの能力の高低差があるなかで、諦めず努力を続ける大切さ、それぞれへの伝達方法を探して接してきた。

全スタッフにも十人十色を認識して、十通りの伝達方法を探せと説いてきた。

その結果、卒業しても継続し、また、OBとしてチームと繋がり続け、個々の結果を出してきたと感じる。

改めて多くの方々のお顔を拝見して、実践してきたことが間違ってなかったと感じた。

時代背景が変わってきたことは紛れもない事実ではあるが、育成年代の選手の指導には名古屋フットボールクラブが行ってきた、言葉は悪いが面倒くさいことをコツコツと続けることが何よりも大事であると思った。

今後も若いスタッフにこのような大切さを伝授し、名古屋フットボールクラブに縁のある全選手が、上手さ以上の大切なものを掴むことができ、少しでも上手い選手より良い選手になれるように今後も頑張っていきたいと思う。

小崎 峰利

2018年1月17日水曜日

間接視野

とにかく周りを見られない選手が多いことに、改めて気づく今日この頃である。

最近の育成年代におけるトレーニングの主流は、狭いスペースでのポゼッション。
どうしても近くの選手を見ることが多くなる。そうすれば判断材料も少なくなる。

また、味方をはっきり見た上でパスを出す。はっきり見ることで頭の上下動が起こる。
この一瞬の動作でタイミングが遅くなったり、リズムを悪くさせる。

もう少し間接的に全体を見る。
味方のユニフォームの色が沢山視野に入ってくれば選択肢も増える

視野を広げるため、”間接的に見る”という意識を持たせた上でトレーニングを行うことを薦めたい。

随分前にも書いた記憶があるが、見ることに特化したトレーニングをすることも大事である。

小崎峰利

2017年12月8日金曜日

上手い選手と良い選手

サッカーには色々なタイプの選手がいる。

育成年代において「上手い」と言われる選手は、地域にもたくさんいる。ただ、それは身体のバランスが良く、ボールタッチも上手く、スムーズにボールを運べる選手が上手いと評価される事が多い。

しかしながら、サッカーという複雑な要素が多々あるスポーツの中で、その上手さを発揮しなくてはいけない。その上で自己犠牲を払い、チームに対して貢献ができる、また、チームの為に他人にも自分にも厳しくなれること。

さらに、そういう努力を継続することができる選手が、将来「良い選手」に成長していく。

このベースは、ユース年代で確立されることが多いが、「上手い選手」を目指す選手や「上手い選手」に期待する保護者が多いのが現実。

「上手い選手」より「良い選手」を目指させる原点はジュニアユースに有り

チームの選手には常に言っている。

『上手い選手より良い選手を目指せ!』

小崎 峰利

2017年11月1日水曜日

創造性と闘争心

現代の育成年代において、クリエイティブなサッカーという言葉がよく使われる。

少し前にはパスサッカー、いわゆるポゼッションサッカーが一世を風靡し、最近は縦に早くなどサッカーの戦い方が変化をしてくる。

ただ、昔から不変なことは”闘う気持ち”、いわゆる闘争心。
ここについてはやはり難しさを伴う。

同じ方法で、すべての選手に闘争心が身に付くはずもない。
ここにはノウハウがある。
先ずもって、選手の性格、選手を取り巻く色々な環境などを分析して、少しずつ選手に落とし込まなくてはいけない。

創造性も大事だが闘争心も大事。

クールとホットという相反したメンタルの中で発揮しなくてはいけないスキル。
それらをすべて習得した上で、チームの戦術を理解して遂行していかなくてはいけない。
サッカーは本当に奥深く難しいスポーツである。

我々育成年代を預かる指導者は、将来のサッカー人生が豊かになるための術を少しでも多く持たせ、選手を次のカテゴリーへ旅立たせなくてはならないと考えている。
小崎 峰利

2017年8月21日月曜日

社会性

社会性とは?

学術的には色々な考え方があると思うが、すべてのカテゴリーを見てきた立場からすると、"三つ子の魂百まで”と言われるように、小さいときからの何気ない常識が社会性を育む原点であると思う。

しかしながら、最近の社会は、常識を育むために経験で学んだり、体験させたりということが少ない。
目と耳から入る情報が圧倒的に多い。それも学校の勉強以外で学ぶ社会的常識は非常に少ない。
大人との接点も少ない。

これでは社会性を身につけることは難しい。

そんな中、我々のようなサッカーチームこそ、社会性を身に身に付くにはもってこいの環境を作ることができると考える。

それには昔で言う近所のおじいちゃん、おばあちゃん的な感覚が必要。

私もその域に突入してきた。
これから、中学生にとって大事な社会性を身に付けさせるべくさらに頑張っていこうと思う。

朝起きたら「おはよう」、家を出るときは「行ってきます」。お母さんは「気を付けてね」の一言。
色々なことに「ありがとう」、色々なことに「すみません」。

”当たり前のことが当たり前にできる”大人になっていくことができるように…
小崎 峰利

2017年7月28日金曜日

高校サッカーの空気感

この夏色々な高校に出向き練習風景を眺めさせてもらっている。

6月末は東北地方、7月初めは九州地方、中旬は北信越、そして時々愛知県内。
練習を眺めていると緩やかな空気、引き締まった空気、はたまた和やかな空気、ああ、この空気感は強くなるな、この空気感ではちょっとな?と手に取るようにわかる。

自分もこの空気感には相当こだわってきた。
引き締まった空気を作ることが、どれほど選手のアタマの中とココロの中のトレーニングとなるか、常に演出をしてきた。

色々な高校を見ると、監督が引き締まった空気を作らなくとも自然にできている高校もある。
あえてその空気感を演出しようとしている監督もいる。その緊張感に持続性がなく、常に演出をしている監督もいる。

最近よく言っている頭と心の訓練、スキルと頭と心のバランスを取るための空気感。
とにかく大事。

今年も高校サッカーの練習風景を沢山見て、今後の演出に役立てたいと考えている。
小崎 峰利