2018年8月9日木曜日

コーチング

ジュニアユースのセカンドチームに素晴らしいコーチングをする選手がいる。
その選手が出場しているゲームを見ていると、状況判断といい、コーチングの内容といい、かなり的確でびっくりするぐらい。

この選手は、ずっとセカンドチームでベンチに座ることも多い。ただ、この選手と他の選手との違いは、監督やコーチとともにゲームを観察し、監督やコーチのコーチングやベンチワークを真剣に聞き、自分の頭の中でずっとシミュレーションしてきたと思われる。

フィジカルや身体能力は決して高くはないが、基本的な技術がそんなに劣っているわけではない。

ゲームを外から見る大切さと、サッカーという競技の本質を頭で吸収し、コーチングという素晴らしい技術、それもこの年代での一級品のコーチングを身に付けたこの選手の将来が楽しみである。
小崎 峰利