2019年8月30日金曜日

スポーツと社会



指導者が必死になって取り組んでいるサッカー(スポーツ)は、どれだけ一生懸命に取り組んでも正解がなく、必ず勝てるとも限らず、必ず報われるとも限らずという大変なものに取り組んでいる。

にも関わらず、なぜ必死に取り組むのか、取り組ませるのか、それは将来訪れるであろう理不尽な社会、まだまだ頑張っても報われないことが多い社会に向けて、今からスポーツを通じてその壁をものともせずに頑張る気持ちだけは理解して、その壁をどうやって乗り越えることができるかという対応力を養うためであろう

頑張りすぎれば心も身体もおかしくなる人もいる。そんなときには少し頑張らないという対応を取らせる。
理不尽なことに出会ったら、その理不尽にどうやって対応したら良いのか、色々な人に相談をするという対応も教える。

とにかくスポーツと現代社会にはまだまだ正解がない。

しかしながらその社会に今から向かっていく若い人たちには、スポーツと社会の共通した仕組みを理解させ、正解のないサッカー(スポーツ)に取り組ませていきたい。
小崎 峰利